内臓オステオパシー

 

 

オリヴィエ・バザン D.O.(Olivier Bazin)1994年、フランスのリヨンにあるATスチルアカデミー校を卒業。 それ以来、彼はフランスので独立開業しながらATSA校で内臓オステオパシーを教えています。 ジャン・ピエール・バラルD.O.(Jean Pierre Barral)とアラン・クロイビエD.O.(Alain Croibier)と共にBOTOで内臓器官と神経系との関係を教えています。 彼はバラルBOTOのための上級コース、胸部と腹部の神経内臓オステオパシーを開発し教えています。 彼の実践的なスキルは卓越しています。 フランスのオステオパシー学校での教授とは別に、ドイツやロシヤで内臓オステオパシーを教えています。

     

 

 

 

 

 

 

 

 

肝臓の施術

肝臓のイラストが解りやすい

お台場の自由の女神はフランスから輸入したそうです

 

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031