先生方の推薦文

この学校を推薦します

私が学長を務めるアンドリュー テーラー スティル アカデミー(ATSA)は、スティル博士がアメリカに初めてオステオパシーを発表してからちょうど101年後の1975年に誕生しました。
医療従事者を対象にしたパートタイム制の学校で、臨床経験豊富なオステオパスや医師を講師に迎え、33年来多くのオステオパスを育てきました。 この度、日本オステオパシーメディスン協会(JOMA)の要望に応えるべくして当校との提携により、スティル アカデミー ジャパン(SAJ)が誕生する運びとなりました。
SAJは医療従事者を対象にした5~6年制の学校で、各年6回セミナーを実施し伝統的なオステオパシーを指導いたします。
筋骨格・頭蓋・内臓マニピュレーションといったオステオパシーの主要な分野を中心に、症候学、診断学、放射線画像学など、理論と実技を交えた充実したカリキュラムを提供します。
我々一同、この偉大なる手技療法を全力で皆様にお伝えできればと思っております。 スティル アカデミィ ジャパンに学ばれ研鑽をつまれた卒業生は、本国フランスのATSA卒業生と同様、国際的にもすぐれたオステオパスとしてその力量を発揮されることでしょう。

アンドリュー テーラー スティル アカデミー学長
ジャン・ランブルー D.O.

名誉学長ご挨拶

日本においてオステオパシーの普及と質的向上を目指している日本オステオパシーメディスン協会(JOMA)はこの度、素晴らしい選択をされました。それは我国フランスの伝統あるオステオパシー教育機関アンドリュー テーラー スティルアカデミー(ATSA)と提携して、日本ばかりかアジアでも唯一の本格的なオステオパシー校、スティル
アカデミィジャパン(SAJ)を東京に誕生させたことです。
オステオパシーの臨床家は、困難な仕事に立ち向かわねばなりません。厳格さ、熱意、根気、そして忍耐が必要です。臨床家であるかぎり、だれもが同じ困難に立ち向かうのです。臨床家への道を進む者は、繰り返し疑い、苦しみながら学びを重ね、そして学んだことをまた新たに問い直し続けていくことでしょう。けれどもこの道にはまた、光に満ちた瞬間もあるのです。命の現象を理解し、成功する、そうした輝くような瞬間もあるのです。
オステオパシーは、単に科学的な技術であるだけではありません。オステオパシーとは、手を使ったひとつの芸術です。表面的な、あるいは深い感覚を通して私たちの手が知覚する現象は、普遍的な大法則に対応します。そしてまた、生ける存在すべてに活力を与える生命のプロセスの現象にも対応するのです。
頭で理解する知識が、オステオパシーの実践の最初の柱です。臨床家はその全職業人生を通じて、人体構造、生理学、医学の基本的な事項、オステオパシーの技術について学んだことを、たえず問い返していかねばなりません。
オステパシーの実践の第二の柱は、健康のプロセスについての知識です。一人ひとりの人間が、特有の健康の現象を持っています。よく耳を傾け、観察し、触り、感じる訓練を重ねることで、臨床家はこの健康のプロセスを見分けることができるようになります。オステオパシーの障害や病気は、力学的、科学的そして電磁気学的な力から生じます。これらの力は、内在的なものもあれば外来的なものもありますが、いずれも健康のプロセスを妨げるのです。
オステオパシーの実践の第三の柱は、自分自身を知ることです。「汝自身を知れ」とソクラテスは言いました。他人をよく治療するために、私たち自身の限界がどこになるのかを知りましょう。それによって、一人ひとりの患者を、欠かせない外部の支えとなって助けることができるのです。良い結果が出たときも、悪い結果が出たときも、結果の前に謙虚でありましょう。私たち臨床家は人体の自然の矯正力の引き金となることしかできないのだという事実を受け入れましょう。
オステオパシーには、動かないもの、変化しないものはありません。私たちが実践し、感じ、理解することは、臨床家としての生涯を通して進化します。オステオパシー創始の父であるDr. スティルとサザーランドの行った教育、書いた書物が、そのことを証明しています。
私たち一人ひとりが、成熟のプロセスを体験します。このプロセスはおそらく多かれ少なかれす早く起こるものです。しかし伝統、絶えざる知的好奇心、耳を傾けることによって生まれる人間的美点、謙遜、他者に対して開かれていることなどがそれを培うのでなければ、この成熟のプロセスが起こることはないのです。
私はSAJの名誉学長として協力できますことを大変光栄に思っており、今後も出来る限りの援助を惜しまないつもりです。SAJの充実・発展を心より願っております。
道のりは厳しいですが、学生のみならず講師陣も全精力を注いで歩んでいっていって下さい。

ジャン・アルローD.O.名誉学長

ジャン・アルローD.O.名誉学長

私はこの学校を推薦します

あなた方の多くの勉強熱心な治療家達は、スティルMDの教えとサザーランドD.O.のオステオパシー頭蓋治療を日本で教育されることになれば、数年後には偉大な業績になることでしょう。

私はオステオパシー治療が必要な多くの子供たちを、有能な日本のオステオパシー教育を受けた人達が治療を施すことになれば、それは非常にすばらしいことになるでしょう。

スティル アカデミィ ジャパン校の成功を祈っております

Viola M. Frymann, DO, FAAO, FCA

Viola M. Frymann, DO, FAAO, FCA

SAJの開校おめでとうございます

私は、日本におけるオステオパシーの発展に関与するに当たって、STILL ACADEMY JAPAN代表 原田 健穰氏の治療を受ける機会を得、氏の高い見地から熟練した治療の手技を体験いたしました。
SAJの開校は、日本により高度なオステオパシーの知識や技能を導入し、すぐれたオステオパスを養成したいという原田氏の熱意の表れであり、ここに学ぶ学生の皆さんに氏の志が充分浸透することを希望しております。
当然ながら、SAJの教育プログラムにヨーロッパの基準を満たすオステオパシーカリキュラムが組み込まれていることは称賛すべきものと言えます。

オステオパシーは有用性に満ちた素晴らしい治療技法であり、日本文化を支えきた手工芸の技能に通じるもので、基本的な面で相性がよく日本人向きの治療技法であると思います。
日本におけるオステオパシーに携わる人々は、このことをよく認識し専門的職業として精進されたらよいでしょう。

最後にSAJの今後の充実と繁栄を心より念願いたします

ザカリー・コモー DO, FAAO

ザカリー・コモー DO, FAAO

わが国初の国際的なオステオパシー日本校 STILL ACADEMYJAPAN  開校

わが国初の国際的なオステオパシー日本校であるスティル・アカデミィ・ジャパンを、2009年11月に東京において開校いたしました。 日本オステオパシーメディスン協会(JOMA)とフランスで長い歴史と権威のあるA.T.スティル・アカデミィ 校とが提携し、優れた人材を育てることを目的としたヨーロッパの基準に沿った教育を目指した教育を行っていきます。

講師陣はフランスのベテラン教授で、通訳を介して授業が行われ、A.T.スティルMD提唱のオステオパシーカリキュラムを段階的に学びます。卒業時にはディプロマの資格を授与され、国際的にも通用するオステオパスとして活躍が期待されます。

A・T・スティルが提唱した「身体全体を診る、身体はひとつのユニットである」という教えや臨床等・鑑別診断法をきちんと徹底して教えてくれます。 フランスで何十年と経験を積んでいる講師が臨床を通して磨き上げた教育システムを伝授しています。

ATSAの主な教育理念は、筋骨格系、頭蓋、内臓という3つの大きな柱で教育プログラムを構成しています。これを5年間学ぶことが必要です。 病変の問題が内臓から頭蓋の問題を起こしているとか、頭蓋から脊柱に問題がある、脊柱から頭蓋、あるいは内臓にと、それぞれの診断方法があるのです。このように、身体、ユニットすべてが関係しているので、これらをマスターしないと本当のオステオパシーを習得したことになりません。

高度な教育を実践しているスティルアカデミージャパンの扉をたたいてください。  お待ちしております。

                                        原田 健穰

 

一般社団法人 STILL ACADEMY JAPAN 代表 原田 健穰

一般社団法人 STILL ACADEMY JAPAN 代表 原田 健穰