入学案内

2018年学校説明会

2018年学校説明会の日程

四期生募集を開始します   2019年7月、四期生開始予定。

第1回 5月27日(日)15:00~終了
第2回 7月1日(日)15:00~終了
 第3回 9月2日(日)15:00~終了
第4回 10月28日(日)15:00~16:30ごろ

 

 第5回

11月25日(日)10:00~12:30 本科学校説明会 

   13:30~16:00 基礎医学コース説明会

第6回 

12月16日(日)10:00~12:30 本科学校説明会 

13:30~16:00 基礎医学コース説明会

 

 

これから入学を考えている方は、電話かメールで申込みしてください。

学校説明会の内容

オステオパシーとは(オステオパシー経験者で理解されている方は出席不要です)

  • オステオパシーとは(オステオパシー経験者で理解されている方は出席不要です)
  • オステオパシーの歴史 
  • オステオパシー哲学 
  • オステオパシーの原理 
  • オステオパシー機能障害 
  • オステオパシーの意義

SAJのオステオパシーとは

  • フランスから生まれた三つの軸(筋骨格系・内臓系・頭蓋仙骨系)
  • アメリカからイギリス、そしてフランスに伝わったオステオパシー
  • フランスのオステオパシーの特徴SAJの意義
  • SAJのカリキュラム(オステオパシー手技 症候学 オステオパシー臨床準備)
  • フランスで行われるディプロム・ド・オステオパシーの試験に付いて
  • オステオパシーのコレからの日本に置ける価値について

講義計画と学費と決まり事

計画内容 学費 習得時間の決まりごと 試験に付いて 校則について事業計画遂行におけるお願い事。

個別対応「面接・個人相談・無料体験」

ここからは入学を決意された方の面接を行います。その他の方は自由参加での個別説明とオステオパシートリートメントの無料体験を行います。
これは自由参加ですが興味のある方はぜひ参加されて下さい。
面接の方は面接人数により終了時間は異なりので、時間が長くなる場合があります、御了承ください。

 

 

沿線・最寄駅

  1. 「人形町」 駅 徒歩5分 東京メトロ日比谷線 都営地下鉄浅草線
  2. 「小伝馬町」 駅 徒歩6分 東京メトロ日比谷線
  3. 「三越前」 駅 徒歩7分 東京メトロ銀座線|東京メトロ半蔵門線
  4. 「新日本橋」 駅 徒歩7分 JR総武本線

4期生・有資格者(パートタイム)詳細

第1回目 5月27日(日)16:00~終了
第2回目 8月26日(日)16:00~終了
第3回目 11月25日(日)16:00~
第3回目 12月16日(日)16:00~
第4回目 未 定
第5回目 未 定

学校説明会に参加される方、または受験される方は、事前に事務所までメールが電話にてご連絡ください。

学校説明会の内容

オステオパシーとは(オステオパシー経験者で理解されている方は出席不要です)

  • オステオパシーとは(オステオパシー経験者で理解されている方は出席不要です)
  • オステオパシーの歴史 
  • オステオパシー哲学 
  • オステオパシーの原理 
  • オステオパシー機能障害 
  • オステオパシーの意義

SAJのオステオパシーとは

  • フランスから生まれた三つの軸(筋骨格系・内臓系・頭蓋仙骨系)
  • アメリカからイギリス、そしてフランスに伝わったオステオパシー
  • フランスのオステオパシーの特徴SAJの意義
  • SAJのカリキュラム(オステオパシー手技 症候学 オステオパシー臨床準備)
  • フランスで行われるディプロム・ド・オステオパシーの試験に付いて
  • オステオパシーのコレからの日本に置ける価値について

講義計画と学費と決まり事

計画内容 学費 習得時間の決まりごと 試験に付いて 校則について事業計画遂行におけるお願い事。

2018年 スティル アカデミィ ジャパン ( S.A.J. ) 入試・入学要項

入試要項

学科 オステオパシー学科
募集人数 30名
受験資格 医師、歯科医師、理学療法士、作業療法士、柔道整復師、あん摩マッサージ
指圧師、はり師、きゅう師及び在学生、D.C.(ドクター オブ カイロプラクティック)、他団体付属の2年制以上のオステオパス養成校卒業された方、2年制以上のカイロプラクティック養成校卒業された方(授業数によってはお断わりする事もあります。) 
看護師・助産師(追加授業時間200時間必要)
受験日 2018以降、未定
試験会場 東京都中央区日本橋堀留町1丁目5-7 ユービル7階 7D
※ 会場は変更になる場合があります。
※ 詳細はSAJホームページあるいは事務局へお問合わせ下さい。

上記の日にちの、15時00分の学校計画・学費・規則の説明から御越し下さい、面接試験はその後の16時からになります。
※受験申込み締め切り日は、受験日の2週間前とする。

試験内容 小論文,及び面接(小論文は事前にテーマを示しますので、テーマを受け取ってから1週間以内に提出のこと)
申込み
  1. 入学願書‥SAJのホームページから資料請求の場合はメール添付にて当方より送信する。
    SAJへ電話にて請求された場合は郵送する
  2. 履歴書‥履歴書用紙は上記入学願書と同様に請求のこと
  3. 写真2枚(3ヵ月以内に写したのもの)
  4. 国家医療資格

※ 上記1~4を下記住所へ簡易書留にて郵送すること

スティル アカデミィ ジャパン (SAJ) 
〒112-0004 東京都中央区日本橋堀留町1丁目5-7 ユービル7階 7D
℡/Fax03-6661-9028 (JOMA TEL/Fax03-6661-9018) 電 話:月~金曜日 10:00~16:00

受験料

1万5000円

下記口座へ受験申込み締切り日までに振込むこと

ゆうちょ銀行

記号 10050
口座番号77890821
一般社団法人 スティルアカデミィジャパン

他金融機関から振り込む場合の口座番号

店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
預金種目 普通預金
口座番号 7789082

合格発表

試験日より1週間以内にメールおよび郵送する

第4期生 入学要項

履修内容 今期の授業内容については、ATSAと協議中。
講義日程
  • 第1回目 未定 (4日間=32時間)
  • 第2回目~第6回目は以後、ほぼ隔月の予定。各回(4日間=32時間)名
講義コース

ディプロム コース=5年間

4~6日間のセミナーを年間約6回=合計30回受講する。
その他、症候学128時間レントゲン学64時間(日本人講師)
5年目の最終講義終了後、別日程でリヨンにて研修と卒業試験を受け、
合格者はディプロム(学位証書)をATSA又はSAJより授与される
(なお各講義内容および各講義時間はATSAとの協議により変更される場合があります。)

臨床論文コース=1年間

ディプロムコース合格後、更に完成度を上げるため、論文作成(論文指導受講)等の研修後、審査を受けD.O.の称号をATSA又はSAJより授与される
(注)入学資格に関して 非会員の方が入学される場合には、SAJ在学期間中のオステオパシー賠償責任保険および傷害保険適用のために、JOMAに入会し、会員になっていただきますのでご了承ください。

 必要な費用

入会金

金額:12,500円×8%=13,500円

前期

金額:29,526円
【内訳】 JOMA会費1,950円×6カ月=11,700円×8%=12,636円
(前期:2016年4月~2016年9月)
 各種保険 障害総合保険 3,690円(税込)
      賠償責任保険 13,200円(税込)
      ※賠償責任保険は途中入会の場合、入会月から翌3月まで(月々1,100円)

後期

金額:12,636円
【内訳】 JOMA会費1,950円×6カ月=11,700円×8%=12,636円
(後期:2016年10月~2017年3月)

Still Academy Japan 学費

一括払い【A】

  1年次 2年次 3年次 4年次 5年次
入学金 270,000        
授業料(一括) 1,200,000 1,200,000 1,200,000 1,200,000 1,200,000
施設使用代 64,800        
教材費 64,800        
合計 1,599,600 1,200,000 1,200,000 1,200,000 1,200,000

2分括払い【B】

  1年次 2年次 3年次 4年次 5年次
入学金 270,000          
授業料(分割)前期 660,000   660,000 660,000 660,000 660,000
授業料(分割)後期   660,000 660,000 660,000 660,000 660,000
施設使用代 64,800          
教材費   64,800        
合計 994,800 724,800 1,320,000 1,320,000 1,320,000 1,320,000
1年次合計 1,719,600        

3分括払い【C】

  1年次 2年次 3年次 4年次 5年次
前・中・後期 前期 中期
(4か月後)
後期
(8か月後)
       
入学金 270,000            
授業料(分割)前期 460,000     460,000 460,000 460,000 460,000
授業料(分割)中期   460,000   460,000 460,000 460,000 460,000
授業料(分割)後期     460,000 460,000 460,000 460,000 460,000
施設使用代 64,800            
教材費   64,800          
合計 794,800 524,800 460,000 1,380,000 1,380,000 1,380,000 1,380,000
1年次合計 1,779,600        

 

フルタイムカリキュラム (無資格者用)

2019年4月より、医療資格をお持ちでない方でも基礎医学課程を履修しながらパートタイムのフランス人講師の授業を受講出来るようになりました。この機会にあなたもやりがいのある職業を選択しませんか?

~ 学校説明会・面接 ~

 

第1回

11月25日(日)10:00~12:30 本科(パートタイム)学校説明会  

                          13:30~16:00 基礎医学科(フルタイム)コース説明会 16時より面接

第2回 12月16日(日)10:00~12:30 オステオパシー本科(パートタイム)学校説明会    

             13:30~16:00 基礎医学科(フルタイム)コース説明会 16時より面接

 

無資格の人のためのフルタイムの授業内容 1236時間  

  基礎医学

オステオパシープラクティス(右表のオステオパシー授業の復習等)

オステオパシー 専門分野
1年次  基礎医学内容

・オステオパシー概論  

・オステオパシーの歴史  

・オステオパシーの哲学と原理

・解剖学 ・生理学 

・生化学 ・生物学 ・病理学  ・運動学 ・心理学

・衛生 ・公衆衛生 ・臨床各論 ・臨床総論 ・栄養学

(上記の基礎医学は二年半の予定)

オステオパシー専科(SAJフランス人からの授業)の内容の復習、

クリニカ〔卒業試験)対策練習など

骨盤 
触診解剖学 
下肢 
組織テクニック 
TGO 
腰椎
2年次

恥骨・仙骨 
胸椎・肋骨 
上肢 
頚部触診 
頚椎
頭蓋

3年次  ファンクショナル
内臓①
頭蓋②
オステオパシー反射
内臓②
頚椎ストラクチャー
レントゲン学 症候学 

4年次    上部頸椎

頭蓋③

内臓③

レントゲン学

症候学
5年次  

ファンクショナル

頭蓋④

内臓④

頭蓋⑤

内臓⑤

レントゲン学

症候学

臨床(クリニカ)準備 


※上記の授業カリキュラム等は、若干の変更の可能性があります。

                                                                                   合計 406時間                            

  フルタイムの学費

  1年次 2年次 3年次 4年次 5年次
入学金 150,000        
基礎医学課程 160,000 160,000 160,000 160,000 160,000
フランス人講師料 1,200,000 1,200,000 1,200,000 1,200,000 1,200,000
施設使用代 64,800        
教材費 64,800        
合計 1,639,600 1,360,000 1,360,000 1,360,000 1,360,000

   授業料お支払いに関してご相談いたしますのでお気軽にお電話ください。

   電話対応は月~金 10時~16時です。

ジャン・ピエール・バラルD.O.のビデオメッセージ

三期生授業スケジュール

2017年 3期1年

3-1-1 第1回2月10日~2月13日 【骨盤】 ジャン・ランブルーD.O. 3-1-2

第2回4月7日~4月10日       【触診解剖学】 イブ・フルニエD.O. 3-1-3

第3回6月9日~6月12日    【下 肢】ドミニク・デブノD.O. 3-1-4

第4回9月1日~9月4日      【腰 椎】 イアン・ポポフD.O. 3-1-5

第5回10月27日~10月30日 【TGO】  ピエール・ヴェD.O. 3-1-6

第6回12月8日~12月11日   【組 織】 フィリップ・ブルディノーD.O.

2018年 2年目

第1回 2月9日~2月12日   【恥骨】 ランブルー学長

第2回 4月6日~4月9日       【解剖触診・上肢】 イヴ・フルニエルD.O.

第3回 6月29日~7月2日   【上肢】  ブルーノ・ゲD.O.

第4回 8月31日~9月3日   【胸椎】 イアン・ポポフ D.O.

             9月16日~17日         【症候学】 降矢 英成 M.D.

第5回 10月26日~10月29日   【頭蓋‐1】 アラン・リニオン D.O.

            11月18日~19日        【症候学】 降矢 英成 M.D. 

第6回 12月7日~12月10日  【TGO&ジョンズ・テクニック】 ピエール・べ D.O.

2019年 3年目

1回2月8日金~2月11日月祝日 【ファンクショナル・テクニック】パオロ・バルバロ D.O.

2回4月5日金~4月8日月   【内臓オステオパシー-1】ギヨーム・アラコク D.O.

3回6月7日金~6月10日月   【頭蓋-2】ブルーノ・ゲ D.O.

4回8月30日金~9月2日月   【反射テクニック】パオロ・バルバロD.O.

5回10月25日金~10月28日月  【内臓オステオパシー】カレン・デスドゥヴィズ D.O.

6回12月6日金~12月9日月   【頸椎ストラクチャー】イアン・ポポフ D.O.

2020年 4年目 

1回2月7日土~2月11日火

2回4月3日金~4月6日月

3回6月5日金~6月8日月

4回7月3日金~7月6日月

5回9月19日土~9月22日火

6回11月20日金~11月23日月

※2年後半から症候学とレントゲン学が入ります。   

日程が決まり次第、アップします。

 

オリビエ・バザンD.O.

 

内臓オステオパシー(内臓マニピュレーション)

1994年、フランスのリヨンにあるA.T.スティルアカデミー校を卒業。 それ以来、フランスのグルノーブルで開業しながらATSA校で内臓オステオパシーを教えています。

ジャン・ピエール・バラルD.O.(Jean Pierre Barral)とアラン・クロワビエD.O.(Alain Croibier)と共にBOTOで内臓器官と神経系との関係を教授。 彼はバラル研究所のための上級コース、胸部と腹部の神経内臓操作を開発し教えています。 彼の明確な教訓と実践的なスキルは優れた教授法には定評があります。 フランスのオステオパシー学校で教授しその他に、ドイツやロシヤ・その他多くの国に内臓オステオパシーと新マニピュレーションを教えています。

近年においての彼の素晴らしい仕事は、新たに泌尿生殖器の内臓マニピュレーションの専門書を書き、非常に高い評価をうけています。彼の明確な教訓と実践的なスキルは優れた教授法には同僚のオステオパスから定評があります。

フランスのオステオパシー学校で教授し、その他にドイツやロシアその他多くの国に内臓オステオパシーと新関節マニピュレーションを教えていて、数少ない傾聴触診の専門セミナーの講師もバラルDOから許された逸材の人物です。

SAJの2期生の最後の内臓オステオパシーの授業を担当し、内臓オステオパシーの試験とまとめの授業を担当した。

 

ブルーノ・ゲD.O.

 

 

 

四肢テクニック 頭蓋オステオパシー

ブリューノ・ゲDOはイギリスのヨーロピアンスクール・オブ・オステオパシーを卒業し、フランスでより幅広い内臓や頭蓋領域のオステオパシーを学んだ。

頭蓋オステオパシーに至ってはアラン・リニオンやジャン・アルローやその他2人の計4人のフランス人講師から教えを受け、アメリカのフライマンの講義も受けている。非常に多彩な頭蓋のアプローチを持つ。 フランスのストラクチャーテクニックの多くはイギリスを経由して伝えられたものが多くその為かATSAで四肢(上肢・下肢)のストラクチャーテクニックを教えている。SAJでは上肢のストラクチャーテクニックと頭蓋オステオパシーと卒後前のオステオパシー臨床のクリニカを担当した。 非常に正確で美しい体捌きを学べます。また朗らかで親しみやすい優しい先生です。

ジャンルイ・カテランD.O.

 

 

ファンクショナル

テクニックは触診・診断と治療をステップ-バイステップ解りやすくマンツーマンで教授して下さりました。 

 

クロード・ポリオンD.O.

 

 

ストラクチャー

スラストは綺麗で早く素晴らしい 一流ですね 

Ostéopathe D.O. et enseignant à l’école d’ostéopathie A.T. STILL ACADEMY de Lyon 1983 – 1986 Ecole Européenne d’Ostéopathie de MAIDSTONE (GB) 1975 – 1981 Diplôme d’ostéopathie D.O. Ecole d’ostéopathie A.T. STILL ACADEMY de Lyon (69) 1974 – 1974 Stage de perfectionnement en kinésithérapie à l’école Mézières (32) 1971 – 1973 Diplôme français de masseur-kinésithérapeute D.E. Ecole de masso-kinésithérapie de LILLE (59)