仙骨の授業

 

仙 骨

ランブルー学長の骨盤の重要な授業です 解剖学とメカニカルと診断と治療を学びます  

仙骨は2つの腸骨とレール状の関節によって連結する。 仙骨の上位2/3のえぐられたレール。そして、逆転する傾向がある。 仙骨は脊柱が載る土台である:応力が加わると、呼吸はブロックされ(無呼吸)、吸気によって横隔膜は下げられ、つまり腹部の圧力が増加して脊椎病変を引き起こすので良くない。 尻もちをすると下外側角AILに影響し、仙骨病変を引き起こすことが多い。 3種類の仙骨病変が考えられる:力学的、頭蓋-仙骨、内臓 仙骨には6つの関節がある:2つの後方関節、2つの仙腸関節、L5S1、1つの仙尾関節

 

 

 
 

硬膜はS1S2に付着する。頭蓋-仙骨軸。 生理学: 体幹の屈曲時の仙骨底は、椎間円板が剪断しないように後方へ向かう。椎間円板が損傷すると、椎間板ヘルニアのリスクが増える。 仙骨底が後方に向うことは必要であるが、仙結節靭帯および仙棘靱帯が緊張するために制限される。 歩行時の仙骨。 病変の病因論 外傷性:直接的 急性外傷性病変または姿勢による慢性病変       

間接的 体質性疾患または発育性疾患            

月経時または出産時            

手術後(恥骨結合切開)

    

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031