コンテンツ

オリビエ・バザンD.O.

 

内臓オステオパシー

1994年、フランスのリヨンにあるA.T.スティルアカデミー校を卒業。 それ以来、フランスのグルノーブルで開業しながらATSA校で内臓オステオパシーを教えています。 ジャン・ピエール・バラルD.O.(Jean Pierre Barral)とアラン・クロイビエD.O.(Alain Croibier)と共にBOTOで内臓器官と神経系との関係を教授。 彼はバラル研究所のための上級コース、胸部と腹部の神経内臓操作を開発し教えています。 彼の明確な教訓と実践的なスキルは優れた教授法には定評があります。 フランスのオステオパシー学校で教授しその他に、ドイツやロシヤ・その他多くの国に内臓オステオパシーと新マニピュレーションを教えています。