コンテンツ

オリビエ・バザンD.O.

 

内臓オステオパシー(内臓マニピュレーション)

1994年、フランスのリヨンにあるA.T.スティルアカデミー校を卒業。 それ以来、フランスのグルノーブルで開業しながらATSA校で内臓オステオパシーを教えています。

ジャン・ピエール・バラルD.O.(Jean Pierre Barral)とアラン・クロワビエD.O.(Alain Croibier)と共にBOTOで内臓器官と神経系との関係を教授。 彼はバラル研究所のための上級コース、胸部と腹部の神経内臓操作を開発し教えています。 彼の明確な教訓と実践的なスキルは優れた教授法には定評があります。 フランスのオステオパシー学校で教授しその他に、ドイツやロシヤ・その他多くの国に内臓オステオパシーと新マニピュレーションを教えています。

近年においての彼の素晴らしい仕事は、新たに泌尿生殖器の内臓マニピュレーションの専門書を書き、非常に高い評価をうけています。彼の明確な教訓と実践的なスキルは優れた教授法には同僚のオステオパスから定評があります。

フランスのオステオパシー学校で教授し、その他にドイツやロシアその他多くの国に内臓オステオパシーと新関節マニピュレーションを教えていて、数少ない傾聴触診の専門セミナーの講師もバラルDOから許された逸材の人物です。

SAJの2期生の最後の内臓オステオパシーの授業を担当し、内臓オステオパシーの試験とまとめの授業を担当した。