コンテンツ

オステオパシーD.O.

 

5年後、希望者は、論文過程に進み、 臨床関係論文を作成し担当チューター がチェックして承認された方は、その論文を元にパワーポイントで3名の試験官の前でプレゼンテーションを行う。 プレゼンテーションは通訳を返して40分間その後質疑応答で約60分間実施される。審査がとおれば合格しオステオパシーD.O.のタイトルを得ることができる。 1期生の論文過程者が2018年3月に10名が合格。 日本において国際的な資格になり海外のオステオパスと肩をなれべどこでも海外のセミナーに出席できるようになるでしょう。