コンテンツ

Dr.アラン・サドワンヌM.D.D.O.

 

オステオパシー除外診断 

メディカル徒手検査法 オステオパシー全体診断 

1989~1997 エコールド・オステオパシー

1998~2004 オステオパスD.O. 資格取得  

A.T. STILL ACADEMY リヨン校 博士論文

一般医学(リヨン大学) リヨン大学アレクシス・カレル医学部にて医学を履修

 オステオパスの前は医師でしかもジェネラル・ドクターでした。医学教育や医療の科学研究にも精通し、メディカルドクターの医学校の新たな基礎医学の教育プログラムを作成した功労者で、医学校でも講師を務めた。

ATSAではオステオパシー科学研究のプロジェクトの中心人物で、現在はフィリップ・ブルディノーD.O.と共に「ドッグテクニックの自律神経の調節作用の科学的研究」のプロジェクトを進めている。

 SAJでは西洋医学の医師の視点から、オステオパシー除外診断を体系的に学ばせる素晴らしい授業を展開し、またメディカル徒手テストとオステオパシー全体検査を指導されます。

フランスのATSAでのSAJの最終卒業試験のオステオパス試験官とメディカルドクターの試験官の両方を担当できる貴重な先生です。