コンテンツ

カレン ・デドゥヴィーズD.O

 

 

内臓オステオパシー

唯一女性オステオパス

テクニシャンでストラクチャーも華麗 です

2011-2012 : アンドリュー・テイラー・スティル初期教育アカデミーATSA FI(Andrew Taylor Still Academy Formation Initiale)講師 2007-2010 : リュニテ・クリニック・オステオパシック・ドゥ・リヨン (l’Unité Clinique Ostéopathique de Lyon)副所長、講師 2002-2007 : クリニカルエデュケーター (訳注:臨床経験・知識を現場で指導することだと思われます。) 講師 国家試験審査員(団) 論文指導教師(生徒の論文作成を指導) スポーツ領域のオステオパシー(サッカー、アルペンスキー) 2000-2002 : リヨン・リモネスト・アンスティチュ・スペリウール・ドステオパシー(ISO Lyon-Limonest、リヨン・リモネストのオステオパシー上級学院)にて、教育アシスタント。 2000-2012 : 2000年6月よりオステオパシー診療室開業 診療室にオステオパシー研修生を受入れ

内臓オステオパシーを解剖学的関係と 力学的メカニズムと生理学的知識の習得します – オステオパシー実技に欠かせない解剖学的知識の習得 – 関連部位の生理学的知識の習得 – 触診アプローチを可能にする 

– 医療現場でのオステオパシー実践における効果的な治療アプローチを可能にする 1.食道噴門胃底接合部 - 解剖的関係 - 脈管形成 - 神経分布 - 力学的(メカニカルな)制限 - 食道内括約筋 - 健全な機能に欠かせない条件 - 病気:裂孔ヘルニア

2.胃 –  全般的な復習 –  解剖学的関係 –  Moyens d’union 結合・融合の方法 - 血管形成 - 神経分布 - 病気

3.十二指腸 第1部またはD1、肝臓下の部分 第2部または腎臓に近い部分 第3部または水平部 第4部または上行部 - 血管形成 - 神経分布 - 可動性 - 十二指腸のオステオパシー的病変