コンテンツ

ブルーノ・ゲD.O.

 

 

 

四肢テクニック 頭蓋オステオパシー

ブリューノ・ゲDOはイギリスのヨーロピアンスクール・オブ・オステオパシーを卒業し、フランスでより幅広い内臓や頭蓋領域のオステオパシーを学んだ。

頭蓋オステオパシーに至ってはアラン・リニオンやジャン・アルローやその他2人の計4人のフランス人講師から教えを受け、アメリカのフライマンの講義も受けている。非常に多彩な頭蓋のアプローチを持つ。 フランスのストラクチャーテクニックの多くはイギリスを経由して伝えられたものが多くその為かATSAで四肢(上肢・下肢)のストラクチャーテクニックを教えている。SAJでは上肢のストラクチャーテクニックと頭蓋オステオパシーと卒後前のオステオパシー臨床のクリニカを担当した。 非常に正確で美しい体捌きを学べます。また朗らかで親しみやすい優しい先生です。