コンテンツ

ギヨーム・アラコク D.O.

 

 内臓オステオパシー

 オステオパシー・クリニカ

若い講師ですが、内臓解剖知識と指導法は生徒達の評判大変良い。しっかりと解剖学にのっとって内臓オステオパシーを講義します。父上は皮膚科の医師です。父上に医師になるよう勧められたが、自分はオステオパシーが性に合うのでこの道を選んだ。 

 Institut Supérieur d’Ostéopathie de Lyon)にてオステオパスのディプロマ取得

2004年7月1日~2008年9月1日までYvan POPOFF D.O. の治療院にてアシスタント。

2008年10月1日より3年次の内臓テクニックの講義担当。

4年次の頭蓋テクニックの講師アシスタント。 社会教育の高等教育機関でオステオパス指導員としての大学ディプロマレベルを取得

スポーツ: ハンドボール、スカッシュ、ヨット 音楽:ピアノ、ギター、ベース、コントラバス 。様々な機関で音楽指導活動

ATSAとSAJでは内臓オステオパシーを教えている。彼の内臓オステオパシーはフランスのバラルの内臓マニピュレーションとわずかに異なる。