コンテンツ

世界で通用するディプロマ取得はSAJだけ!

世界で通用するディプロマ取得はSAJだけ!

SAJの卒業証書は、45年の伝統と実績のあるフランス政府公認校
A.T.Still Academy校が発行するディプロマです。

SAJは約5年間の研修及び国内での試験の後にフランスに渡り卒業試験「クリニカ」を受けます。 フランスの学生たちと同様に試験官(医師と2名のオステオパス)の前で、フランス人患者に問診・診断・施術を行います。そして、最後に口頭試問の後、合格発表します。

日本において国際的なディプロマ(Diplome d’Osteopathe)を取得できるのは
スティル アカデミィ ジャパンだけです。

他校に無いSAJの特色

SAJの授業カリキュラムはフランス国家認定校A.T.Still Academy(ATSA)の一貫したカリキュラムで授業を行い、ATSAからディプロマを授与されます。授業を担当するのは、ATSAから派遣されたD.O.の講師陣であり、オステオパシーの基礎から実用的な技術に至るまでしっかり教えます。

一貫性のある教育 他校との比較

A校)A校は色々な国からの講師を呼んで授業を行い授業日数はSAJと同じ程度に見えますが、授業時間を明示していないようです。セミナー形式の学校では9時から17時程度で終わる学校も多く、全体の授業時間数ではSAJには及びません。また、SAJは同一の学校からの講師の派遣であり、ある講師が何らかの理由で来られなくなったとしても、他の講師がその穴埋めを出来るようになっていて、安心です。

B校)B校は、日本でも早くからオステオパシー教育をしてきていますが、授業を教えているのがB校を卒業した日本人講師のようです。SAJではオステオパシー科目はすべて教育レベルの高いフランス人講師から教えられます。

C校)C校はある国のオステオパシー学校が日本で開校し「頭蓋だけ」「内臓だけ」のように科目ごとに習得できるようにしているようですが、ある科目だけ習って「オステオパシーである」とするのは世界の流れから言っても十分ではありません。

D校)D校は非常に短いオステオパシー教育期間が特徴です。短期間の学習だけではオステオパシーを学べるとは思えません。

フランスのオステオパシーは国家認定制度になっています。

私たちがATSAと提携し長い5年間のカリキュラムを選んでいる理由は、フランスのオステオパシーが国家認定になり、世界的に見ても非常にレベルが高い状態であることを確信したからです。
フランスは以前60以上あったオステオパシー学校を厳選し、23校だけを国家認定校として残しました。
その一つがATSAなのです。
そして、国家認定の学校教育になった事により、教育の質が非常に高くなっている事、三大科目である「筋骨格」「頭蓋」「内臓」がトータルで学ぶことができ、一貫した教育内容であるからです。

学生たち自身による充実した復習会

SAJの学生たちは定期的に集まり、授業の復習会を行っています。時には授業風景のビデオを視聴しながら、技術の習得に励んでいます。当校を卒業しD.O.を取得した先輩が後輩の指導に当たることも多く、充実しています。