コンテンツ

オステオパシーとは

オステオパシーとは

オステオパシーは、19世紀にアメリカのアンドリュー・テイラー・スティル 医学博士によって創始された。
人間の体は一つのユニットであり、構造と機能とは相互に関係を持ち、自らを防御し、自らを修復しようとする能力(自然治癒力)を備えている。
博士はこのような考えのもとに、手技によって自然治癒力を導き出し、健康を回復する治療法を生み出した。これがオステオパシーである。

スティル医師は、解剖学を調べなおし、実際に人間の身体を詳細に観察する中で、人体のどの部分も互いに影響しあっており、「全体で一つのものとして機能しているユニットである」ということに気づいた。
例えば、足首の小さなズレがあったとすると、それは周辺の靭帯、筋、他の関節にすぐに伝わり、内臓にも影響し、実は全身に影響しているのだということである。
この原則により、オステオパシーでは、腰痛を治療する場合でも、それが腰だけに原因があるわけではないと考え、全身的な観点から治療を行なう。

人体の構造は機能を支配している。
つまり、構造のゆがみはすぐさまその機能に影響し、機能を制限する要因ともなり得る。
逆に、機能が構造を支配していることも真実である。
例えば、内臓機能の低下により、その関連する筋などが緊張し、体の構造を歪ませることもありえる。

スティルは血液の重要性にいち早く気づいていた。

  • 身体を作るのも治すのも血液である
  • 血液には薬になる天然の物質が含まれている。 それは繊維質を溶かし、細菌などに対抗する成分も含まれているとスティルは考えていた。現代では当然知られていることである。
  • 血液は身体を作ろうとする性質を持っている

身体を作っているのは血液であり、その流れが妨げられると、身体は自らを立て直す力を失う、と信じていた。
そして、ある関節のズレは、そこから下の血液の流れを制限し、それはよどみを作り、よどみは発酵し、発酵したものはついには腐敗し、毒素となり、それがゆっくりと全身に回っていき、全身を侵し、病気を作り出すと考えていた。
故に、全身へ新鮮な血液が行き渡り、静脈血が滞りなく心臓へ戻ること、常にピュアな状態にいること、それが重要であると考えていた。
「オステオパシーは筋骨格構造をバランスよく整列させ、神経の圧迫を取り去り、内在する医師である血液を体の隅々に行き渡らせることによって、体が自ら治すようにしむけているのである。」

A・T・STILL M.D.

 


 

オステオパシーの歴史

オステオパシーの創始者の誕生と生い立ち ATスティル誕生 オステオパシーの創始者アンドリューテーラースティルは、1828年アメリカのウェストバージニア州リー群で誕生する。  キリスト教のメスジスト派の家庭に生まれ、子供の頃から医学に興味があり、機械工学にも高い興味を示した。

医学を父から学び、ミズーリ州で資格を取る、また南北戦争で北軍の軍医として働いた後に、1960年にカンザス州に移りカンザスシティー医学校で再び学び外科医の資格を得た。 スティルの悲劇 1864年にアメリカ中西部で流行した感染症による脊髄膜炎で、自らが医師であるにも関わらず、息子3人を死なせてしまい深く悲しみ、自らの医学「アロパシー・・対症療法」に失望し、薬に対し憎悪感を抱く。 健康と病気の本質を探る探求を始める・・・インデアンの伝承医学や、移民がヨーロッパから伝えた様々な思想や代替療法を探求し、また機械工的視点で解剖学を探求する始まりと成る。

オステオパシーの創造 ATスティルの探求 カンザスの移民はヨーロッパから伝わった様々な思想や代替療法が伝わっていた、スティルはそれ等も学んだとみられる、またTJアボットと妻のメアリー・エルヴィラ・タナーから多様な思想や代替療法を学んだとされている。 スティルはヨーロッパから始まった機械革命の時代の流れにも興味をしめした、ハーバート・スペンサーの考えやプラグマティズムの考えの影響をうけたとみられ、機械工学への興味は人体の解剖学に結びつき、解剖の探求による生命のシステムの理解を深めるため、インデアンの墓場を暴き研究も行った。  

オステオパシーの誕生・・・初期 1874年6月22日に彼は大いなる閃きを得る、その事を「完璧である神の啓示によって撃たれた」と表現した。 スティルは解剖を機械力学的視点から研究しつづけ、また肉体に宿す生命力の根源も探求し、これら様々な要素を結び付け「手を当てる治療法」を創造した。 またこの年にスティルはカンザスのベーカー大学で、医師達の前で、自分の考えを説明しようとするが、アロパシーの医師に受け入れられず、カンザスからカークス・ビルに移住した、この事で彼はアロパシーとの決別を鮮明にした。 より発達するオステオパシー 1883年、この頃ステイルはボーンセッターが行うボーンセットを更に吸収し、応用進化させたとみられる、彼は自らをライトニング・ボーンセッター・・「電光整骨師」と表現した。